こんにちわ!Ikubeeの川瀬です!
猛暑ですね。
年々夏がきつく感じるのは年のせいではないですよね!?
世界的におかしい!!!
 

さてさて、いきなりですが、このブログで一番アクセス数が多いのが「手描きTシャツの描き方」の記事です!
「手描きTシャツの描き方」 
↑コレ 
もう3年も前の記事だけどまだまだアクセスがあります。
きっと「Tシャツに絵を描きたい人」が検索をかけてここに辿りつくのでしょう。
ちゃんと役にたっていますでしょうか? 

ですので、記事を何回かに分けて道具とか描き方とか紹介したいと思いますー!
手描きTシャツ以外にも手描き帽子の描き方もあるのでこちらもぜひ見てくださいねー★
「手描き帽子の描き方!!!!」 
↑コレ

今回はまず必要な道具「布用絵の具」の種類や使用感などを紹介したいと思います。
ですのでまず始めに気になるQ&Aから手描きTシャツの魅力、道具までお伝えします!
 
★皆さんが気になるQ&A!!!!
Q.「洗濯できるん?」
A.「専用の布用絵の具を使用しているので大丈夫です。が、洗い続けるといつかは落ちます。」

Q.「絵の具を使うのが苦手。それ以外はないの?」
A.「あります。布用クレヨン。布用ペンなどがありますので後ほどご紹介をします。」

Q.「白Tシャツ以外にも描きたい」
A.「濃生地にも絵は描けますが白シャツに比べると工程が少し増えます。」

Q.「Tシャツ以外にも描ける?」
A.「素材対応可能であれば帽子でも靴でも鞄にも描くことができます。」


★手描きTシャツの魅力
なんといっても、1枚から作ることができるのでオリジナリティを追求するにはもってこいです。
しかも、シルクや転写などにある「プリント範囲内」というのがないので、縫い目部分も描けるのがより自由度が増します。 


★私が使ってる「ターナー色彩『布用絵の具』」のご紹介
布用絵の具も色んなメーカーさんが出しているので、自分に合うものを選んでいただけたらと思います。ですが、一度に色んな種類の絵の具を試すのは一苦労ですよね。
ですので、個人的体験談を添えて紹介していけたら〜と思います。

私がよく使っている絵の具!
ターナー色彩「布用絵の具」
・通常カラーは18色
・和カラーは12色
出てるそうです。
全色は揃えてはいませんが、こちらの色で混ぜながら回しています。
DSC_2170
DSC_2171

《特徴(個人的意見)》
こちらの絵の具は色数も豊富で速乾性もあり、定着液やアイロンでの熱圧着もいらない便利な絵の具です。
綿素材以外も使える強力アイテム!
ナイロン・ポリエステル・革(一部剥がれる可能性あり)などなど、使用してみて使えました。
ターナー色彩  

画材メーカーなので色が豊富ですね。
ターナさんの公式には上記の素材対応についてはおそらく書かれていないと思います。
あくまでも、私が使用してみて「これはいけた」と個人的に判断したものです。 
 

《使用感(個人的意見)》
■OK素材
Tシャツの綿素材とは抜群に相性よし!
47473882_2016089448430102_8783414205735763968_n
 
ナイロンも3度塗りぐらいすれば塗れますし、洗濯をしても落ちないのが驚愕!
Tシャツ4
 
ポリエステル性のバッグもOK☆
56938295_2198387430200302_7203859134167384064_n
 
ポリエステル性のWBもいける〜!
DSC_0595

ポリエステル性のエプロン!ちょっと撥水加工が入ってるのかな?
こちらも大丈夫でした!
37789536_1826008784104837_7315525019688239104_n
 
オーガニックコットンのスタイもOK〜☆
ヘビロテで使用してくれているみたい☆
この子はもう1歳半ぐらい大きくなりました☆
_20180211_233013

綿素材のキャップもOK◎ 
亀ですね☆ 
40382444_1882951448410570_2296635166266753024_n

キャンバス生地の靴もいけますよ☆
50099105_352295012025405_5782516677665095680_n

綿?の地下足袋だってOK★
_20181007_232351


■△素材
革製品はこすれて落ちていく可能性があるので「絶対大丈夫!」とは言い切れません。
しかし、革に描かせていただいたお客様から「剥がれていくのも味」と温かいご意見をいただきました。中には全然落ちない場合もありますので色々と試してみる必要があります。(革専用の絵の具があるそうです)
50894826_2085966278109085_3778246193004412928_n
 
■NG素材
プラスチック製。塗れますが、こすると剥がれます。
ですので、靴の素材として部分的にプラスチックを使っている靴はそこは塗らないのが無難です。

アクリル系の絵の具は基本的に凹凸のある素材に対して発揮しますが、
メットなど表面がコーティングされツルツルしている素材には乗りにくいしはじいてほぼ乗りません。
なので少しヤスリをかけて凹凸を出してあげると塗ることができます。


★最後に
普段からアクリル系の絵の具を使う私からするとターナーさんの絵の具は非常に使いやすいです。
しかも、イベント時に行う即興でTシャツに描く「インスピレーションライブドローイング」はその場で描いてその場で持って帰ってもらうため、速乾性やアイロン要らずがとても重要になってきます。 
色数が多いのもありがたですね☆
その他の布用絵の具等次回ご紹介できたらと思います。
ありがとうございました。 
 


「手描きTシャツIkubeeのミニカタログ 第3弾」
クリックすると16Pのカタログがみれまーす☆
ミニカタログバナー

instagramikubee
Ikubee instagram フォロー宜しくお願いします☆
Ikubee-Twitter
Ikubee Twitter フォロー宜しくお願いします☆