こんにちわ!Ikubeeの川瀬です!
つい最近、小学校二年生の姪ちゃんが、パワーパフガールズを描いてくれました。
41人います!凄い数をよく描いたなー!と感心するばかりでした。
IMG_20191004_002227_392

そもそも、皆さんパワーパフガールズをご存知ですか?
1998年にアメリカで放送されたクレイグ・マクラッケン原作のアメコミアニメです。
main
赤い女の子「ブロッサム」
金髪の女の子「バブルス」
緑の女の子「バターカップ」

ユートニウム博士により色んなスパイスを組み合わされて可愛い子を生み出そうとしたけど、余計な薬品を入れてしまい生まれた三人娘は超パワーのあるガールズで、街で起こるアクシデントやSOSに対し果敢にたち向かうパワーガール達のお話。

まさにアメリカっぽい内容で、絵やテンポもよく当時日本で放送されていた時少し観ていました。(高校生ぐらいかな?)
でも周りではあまり話題にあがらず、パワーパフガールズの話しをしても「なんのこっちゃー」な感じでした。
同じ時期ぐらいにミュータントタートルズもやってたのではないかと…記憶がちょっと混濁してますが笑
(当時18時台のアニメは沢山やってましたからね。アニメの宝庫の時代でした)

絵が印象的で、今観てもかわいーなーって思います。

まさか小2の姪がパワーパフガールズを知っているとわ…おばちゃんびっくりよ笑

私がパワパフ知ってるって言うたら沢山描いてくれました☆
ボーイズもいるらしく、4人目のガールズも誕生しているようで、駆け足で作品見直さないとな笑

今の若い子向けで色々と竹下通りでグッズが販売されているそうで、世代超えても人気があるアニメはいつみてもフレッシュですね☆

でも一番注目したいのが、姪ちゃんが「紙いっぱいに絵を描いた」ことです。
絵は自分を投影します。
本人が今どんな気持ちかで、描く絵や色が変わってきます。
だから、紙いっぱいに沢山描いた姪ちゃんは「私を見て!」と言ってるようにも聞こえるし、紙が埋まるほど描くのも「この紙では納まりきらないほどのエネルギーが溢れている」という感じにも思えます。

案外紙を埋める程描くのって難しいんですよ。
描いてるところ見られるのが恥ずかしかったり、描いたものを見られるのも恥ずかしかったりします。

でもそれを惜しげも無く見せてくれた姪ちゃんは心が満たされているようにも思えます☆

あと、どれもガールズの特徴をとらえてる!
なかなかの観察力ですよ♪

めっちゃ身内自慢ですが、ええ、自慢です笑





「手描きTシャツIkubeeのミニカタログ 第3弾」

クリックすると16Pのカタログがみれまーす☆
ミニカタログバナー

instagramikubee
Ikubee instagram フォロー宜しくお願いします☆
Ikubee-Twitter
Ikubee Twitter フォロー宜しくお願いします☆