こんばんわ
Ikubeeの伊吹です。
3084E803-02F9-4DF9-8436-89F4FAFF21A7
※この絵が好きやねん

自分の中で
「アーティストかデザイナーかクリエイターか」
どれやねん。と常々考えております。

ここで
私なりのそれぞれの違いを簡単に説明します。

・アーティスト
「対自分」
今自分がその瞬間に感じたこと、見たもの、聴いたもの、刹那的にわきあがる感情、「今それ」を形にしたい人がアーティスト
理解されることを目的にしていない

・デザイナー
「対クライアント」
クライアントから「飲食店をオープンしたいからロゴを作って、看板作って」など「クライアントの言葉を形にできる人」がデザイナー
決定権はクライアントにあり

・クリエイター
対クライアントでもあるし対大衆でもある創造主
こちらも「言葉を形にできる人」ではあると思うのだけど、ここに「感情」と「理論」がセットでついてくる
アーティストのようにその瞬間を形にし「わかる人にしかわからない」ようなものを作り上げる人ではなく、多くの人々を惹きつける「表現の構築」を理論に基づき作り上げているような人がクリエイターだと思う
いわば「創造主」のようなもので「ないものを作る」「なおかつ大衆の心を掴む」そんな位置付けにあるかと思う

なので、「あなたの肩書きは?」
と聞かれると
「全部」と答えてしまう。

アーティストのように瞬間的に尚且つ衝動的に絵を描く時もあります。
それは場所とか時間とか関係なく「描きたい!」と思った瞬間そこにペンがなくても買ってでも描きます。
もはやその衝動はいわば本能的なもので、DNAとして組み込まれてるようなものだと思っているのでただその感情に従っているだけです。

デザイナーは、「対クライアント」なため、仕事として成立しやすいので身につけたスキルであって、結局のところ「デザイン力」より「コミュ力」が一番占めていることに気づいてからはひたすら会話することにしました。
世の流れを常々読まないといけないので、
インプット、アウトプットの作業が必要になりますので、大多数の意見を優先し「自身の感情」はおざなりになったりします。

クリエイターは「創造主」
「ない」を「ある」ものにし、大衆に向け発信する。
私の話で行くとIkubeeの手描きTシャツかな。
「なぜコレが必要なのか」を説明しながら描いてます。
そう考えると、クリエイターとデザイナーってよく似てますね。




ですので
アナタはどれ?
と聞かれると
「全部」と答えます。今の所は

でもお仕事としては「デザイナー」かな
アーティストしてはご飯たべれてませんし
クリエイターとしても全然です
お金いただいてるは「デザイナー」としてです

そう考えると、アーティストとして食って行くって
その人の感性が時代にマッチせんとあかんし
努力ではどうにもならない領域
いわば天才
というか


ここで重要なのが、「自分が一番しっくりくるのはどれ?」ですが
結局「アーティスト」なんだろうな…って
都会散策してるとそう思います
本能で生きてるってことですねー
自分抑えこんじゃダメダメー
占いでも散々言われてるよー笑

なので、肩書きなんて書こうかね、、、
最近、MacBookProを連れ回してカフェとかでノマドワーカーしてるんで
「遊牧民」ってつけよかなーなんて思ったりしてます(え?ダサい?)
横文字で行くと「ジプシー」だな
それか「スナフキン」もいいなぁ、ねぇムーミン

やりたいことで生きて行く
死ぬまでに達成できるんかなー
難しいかな
でもわかんない
まだまだ発展途上




「手描きTシャツIkubeeのカタログ 第4弾」

クリックすると16Pのカタログがみれまーす☆
ミニカタログバナー

instagramikubee
Ikubee instagram フォロー宜しくお願いします☆
Ikubee-Twitter
 
Ikubee Twitter フォロー宜しくお願いします☆